こがねいカイロプラクティック

HOME >  さまざまなお悩みについて  > 肩こり・首の痛み

  • 肩こりの原因は今のあなたの悪い姿勢です。(前方頭位姿勢とストレートネック)

    代替画像

     なぜ肩が凝るのでしょうか?
     人間は直立二足歩行を始めた時から前脚と共に4~6kg(2リットルのペットボトル2,3本の重さ)の重い頭を 地面から離しました。
     その重い頭は頚椎と首、肩、背中周辺の筋肉が支えます。
     下の左の絵のように綺麗に頭が体の上に乗れば多きな負担は軽減されます。
     それに対して右の絵は頭が体幹からはずれて前に行ってしまう前方頭位姿勢という状態です。

  • 代替画像

    肩こりが起きにくい姿勢。体の上にきれいに頭が乗っています。

  • 代替画像

    肩こりが起きやすい前方頭位姿勢。頭が体より前にあり、重力で下に落ちようとする頭を首、肩、背中の筋肉が持続的に支えなければなりません。

 この前方頭位姿勢の状態になると首から肩の筋肉は重力で頭が下に落ちないように緊張して支えなければなりません。さらに頚椎の前カーブも失われ、ストレートネックという状態になることで重い頭が頚椎の上にのっかることが出来ず首の筋力で頭を支えなければならなくなります。

 それを持続させることでしだいに肩首の筋肉では老廃物が発生します。本来ならばこの老廃物は静脈の血流によって排泄されますが、凝りで筋肉が固くなりしかも動かさないでいることで老廃物は停滞し、神経を介して脳に痛みの感覚として伝わります。これが「肩こりの正体」です。

 この痛みの感覚が神経を介して脳に届くと、さらに周辺の緊張を促す自律神経にフィードバックされてますます筋肉は固くなり、肩こりの悪循環となってしまいます。

 さらに背中を丸めた状態が重なると肩甲骨も前方に滑り、頭蓋骨や首から肩甲骨に付着する僧帽筋、肩甲挙筋といった首から肩に伸びる筋肉が引き延ばされて、やはり血液循環が悪くなり、ますます肩こりは悪化します。

ちなみにこの前方頭位姿勢は座ってパソコンを操作していたり携帯スマートフォンなどを見ているとより強調されてしまいます。「まさしく、今のあなたの姿勢です。」

  • 首の前側の筋肉が神経に与える影響

    代替画像

     頭が体幹からはずれて前にいく前方頭位姿勢は単純な肩こり
    以外にも問題をおこします。
     前方頭位姿勢になることで首の前方の筋肉(胸鎖乳突筋や斜
    角筋)は短縮された状態で維持され、やがて筋肉自体の緊張が
    生じます。
     首の前方には首から出ている神経が集まっており、この筋肉
    の緊張が神経を圧迫させてしまったり、神経への血液循環を阻
    害させることで神経的な痛みやしびれが、時に首・肩だけでなく
    背中や腕や手にも及びます。

  • 頚椎の神経出口(椎間孔)や椎間板が神経に与える影響

    代替画像

     さらに首の背骨である頚椎についても、前方頭位姿勢の人
    は頚椎のの緩やかな前へのカーブ(緩やかに前に反った状
    態)が無くなり、首猫背やストレートネックと言われる状態にな
    ります。
     すると頚椎の背骨の間のクッションである椎間板は、前方か
    ら後方への内圧が高まり、そのストレス続くとやがては椎間
    板の変性が起こることで神経系の圧迫を引き起こします。
     さらにそのような頸椎の方が顔を上げると中部~上部の局
    所が反り過ぎ詰まり過ぎの状態になります。すると今度は神
    経の出口を狭窄させてしまい同様に神経系の圧迫を引き起こ
    します。来院者様が単なる肩こりと思っていた症状が実は「神経痛」というのはよくあることです。この場合もやはり腕や手への痛みやしびれをともなうことがあります。また単純な肩こりと複合的に症状があらわれることもあります。

小金井市・武蔵小金井の整体こがねいカイロプラクティックにおける肩こり施術の考え方

  • 肩こりの方への施術は全身への施術です。

    代替画像

     肩こりの原因と考えられる前方頭位姿勢やストレートネックは首肩だけで起こるわけではありません。
     この状態になってしまう姿勢のパターンはいくつかありますが、一例を上げます。
     例えば右の絵は若い頃からハイヒールを習慣的に履き続けた方に見られるような体型です。
     頭部は確かに前方頭位姿勢でストレートネックぎみですが問題はそこだけではありません。骨盤が前傾して腰椎中部の反り腰でお腹が前に出てしまっています。
     そこから前後バランスを保つ為に背中は後ろに傾き、さらに頭が前方に移動して猫背がひどくなっています。
     ようするに頭が前にいくというのは体の前後バランスをとる為の結果としてそうなったということです。
     また左右どちらかの一側性の肩こりの場合、骨盤の歪みから肩の高さの違いや首の傾きがおこり、症状を誘発している場合もあります。
     したがって肩こりと言っても頭や首だけでなく、全身が背骨にのっかるようなバランスの方向性で身体に動きを与え姿勢を改善していくという意図のもとに、首肩だけでなく体全体の筋肉の緊張や張り、骨格や個々の関節の動き、神経機能を調べて施術していく必要があるわけです。
     そのうえで、肩こりの根本原因である生活姿勢についての指導や姿勢維持の為のコツや工夫、またケースによっては改善に向けたエクササイズの指導などをおこなっていくことで根本的な肩こりの改善を目指します。

 肩こりと手のしびれ 39歳 女性 4歳の子供がいるお母さん

--症状--
 「肩こりは慢性的にあるが、3カ月前から左の腕から手のしびれと脱力感が出てきた。」
 「最初は他の整体や整骨院にいったが良くならず、整形外科に行ったがストレートネックで胸郭出口症候群と言われた」
「買い物などで重い荷物を持った時が一番症状が出る」

--検査--
姿勢
背中の丸みが目立ちストレートネックでも首が前方に伸びるクレーンネック。背中が全体的に円背(猫背)で肩が前方に突出ぎみ。
筋の緊張や痛み
ストレートネックによる首の後ろから肩までの筋(上部僧帽筋)の緊張。後頭部と頚椎の際の後頭下筋群の緊張(背骨の突起の間)に圧痛。
可動と痛みや違和感
頚部(首)の右回旋で左腕から小指側へのピリピリとしたしびれ。
筋力テスト
左の上腕三頭筋と手指屈筋と手指内在筋の筋力弱化。
神経学テスト
知覚は右との比較で左C7、C8、T1領域に触覚の曖昧さあり。反射は左上腕三頭筋腱反射低下。
整形学テスト
左アドソンテストが陽性(首を右に向いてもらった時の左の橈骨動脈の消失としびれの誘発)。ライトテストは脈の消失はあるがしびれ感はそれほどでもない。モーリーテスト左の鎖骨上部に圧痛。
カイロプラクティックテスト
頚椎 C1、2屈曲と右回旋制限、C7伸展制限
胸椎 T1・T2伸展制限 T7T8屈曲制限
腰椎 L2・L3伸展制限
骨盤 右前上方外方変位 左後下方内方変位

--分析--
頚椎からの複数の神経根領域での知覚の異常と筋力の低下がみられるが、整形外科の方で胸郭出口症候群との診断を受けており、やはりその可能性が高そうである。
左のアドソンテストの陽性と両側のライトテストでの脈の消失があるが、しびれの症状の誘発もあるので首の前の斜角筋の緊張による神経圧迫と循環障害の可能性が高そうである。
一般的には斜角筋症候群は「なで肩」の女性に多いが、今回の来院者様の場合は、なで肩と言うほどでは無く、クレーンネックによる斜角筋の短縮性の緊張が問題かと思う。
斜角筋自体の緊張緩和も必要であるが、クレーンネックの形成の原因となる円背(猫背)を改善していくことが再発防止につながる。

--施術と経過--
緊張の強い頚部を中心に筋肉の緊張緩和操作、ただし首の前側は神経血管が集まっている場所なので、押す揉むようなやり方では無くポジショナルリリースと筋膜のストレッチを行う。ブロックを使用した骨盤の歪みの調整後、腰椎、胸椎の動きを促す調整。徒手モビリゼーションで頚椎に適正な前弯を促す動きを調整。
ストレートネックは背中の猫背から来ているタイプなので、立位や座り方の姿勢の指導。首の前のストレッチを指導した。
最初の治療では手の筋力については回復。肩の三角筋もやや力が入るようになった。アドソンテストも陰性に変化。しびれの領域は少しポカポカする感じがするという変化がみられた。
 その後に週一回の通院で2回目の来院時にはだいぶしびれ感が減ってきており、猫背とストレートネックの改善の為の運動とストレッチを指導。
 5回目の通院でほぼ症状は出なくなったが、猫背とストレートネックはまだあるので間隔をあけて月2回ほど通院を継続。
   

肩こりにお悩みの方 是非お電話下さい042-304-9850