こがねいカイロプラクティック

  小金井市 武蔵小金井の整体 腰痛や肩こりの改善、骨盤矯正などで評判のカイロプラクティック院

こがねいカイロプラクティック
院長 塩谷 直樹

院長 塩谷直樹

Diplomate of Chiropractic science

  

1964年(昭和39年)1月5日生まれ

生まれてから小学校卒業まで小金井市内で育ちました。

聖霊幼稚園、小金井二小出身です。

建て替わる前の公務員住宅に住んでいました。

その後は川崎市鷺沼→溝の口と移り住み現在に至っております。

学生時代はサッカーをやっていて夢中になっていました。

若い頃はコンピュータ関係の会社に勤めていましたが

健康に関係する仕事に興味があり カイロプラクティックの勉強を始め

そしてこの世界にはまってしまいました。

 

趣味 音楽鑑賞、歩くこと(街の散策)

特技 サッカー(もう10年ぐらいやっていませんが)

 

血液型=O型

星座=山羊座

九星=一白水星

 

経歴
専修大学経営学部卒業
(株)CSK(現SCSK) 退社後この世界に入る。

AACP(アメリカカイロプラクティック医師学会)認定
ハンズプラクティスカレッジ卒業(2001年卒)

MCC横浜メディカルカイロプラクティックカレッジ聴講
2001年~2002年 カイロプラクティック臨床学(内科学、X線学)

2002年11月 武蔵小金井にて「こがねいカイロプラクティック」を開院

受講セミナー多数

日本カイロプラクターズ協会(JAC)が実施している
WHO基準安全教育プログラム(JCR試験受験資格プログラム)修了[注1]
IBCE(国際カイロプラクティック試験委員会)より提供されるSPEC試験(臨床能力判定試験)合格

  NPO法人日本成人病予防協会
文部科学省所管・(財)生涯学習開発財団共同認可による
健康管理士一般指導員

NPO法人日本カイロプラクティックフィジシャンズ協会
  (Chiropractic Physicians Association of Japan)
公認カイロプラクター

日本カイロプラクティック徒手医学会正会員

[注1]
 安全教育プログラム(JCR試験受験資格プログラム)とは、日本カイロプラクターズ協会(JAC)が国民生活センターからの要請を受けて2014年から始められた教育プログラムであり、WHO(世界保健機関)で提示されている「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関する WHO ガイドライン」における既開業者をWHO基準カイロプラクターのレベルに引き上げる為の補完教育プログラムであるカテゴリーⅡ(B)にあたる。
 このプログラムは、WHOが認めるカイロプラクティックのNGO団体であるWFC(世界カイロプラクティック連合)が認める教育プログラムであり、この教育を終了後、国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)提供による登録試験(カイロプラクティック統一試験;JCR登録試験)の合格をもってWHO基準のカイロプラクターとして認められる。
送るまで御来院の方へ